DMM WEBCAMPの感想

DMM WEBCAMPの感想を書いてみる。

良かった点

午前から夜遅くまで教室開放されますがから社会人でも無理なく通えてそれぞれのライフスタイルに合わせ通えたりして、プログラミング学習続けていきやすかったです。そして教室は講師が常駐しており疑問点などあれば、すぐ質問できました。オンライン学習もやっていて、自宅にいてわからないことをオンラインで質問できて、プログラミングの勉強スムーズに学習が可能です。そして、未経験者にもわかりやすいカリキュラムであり、スキル確実に身につけられるよう支援して転職につなげていきますから、高い確率で転職できています。参考にしてください

悪かった点

ここは転職志望、将来的にフリーになりたい方など先見的意思を持ってる方に合わせたサポートをしていて、単にプログラミングスキル目当ての方には向かないです。転職志望、フリーランスなりたいなど強い意志をmとてない方は、ほか寿聡生徒の熱量、モチベーションにギャップ感じてしまいかねません。スキル目当てでは勧められないところです。そして、ここは3か月でプログラミングカリキュラム修了させるのに学習スピードが早くて、基本的気に毎日プログラミング勉強しなくてはカリキュラム遅れてしまいます。そして、料金も割と高めです。

ちなみにスクール選びのときはこのサイトが参考になった:Pythonスクールおすすめ比較!【無料あり】

朝風呂の魅力

朝風呂の良さにハマってしまいました。
よくおじいちゃんおばあちゃんが朝6時とかに銭湯に行くというのを聞きますが、わかる気がします。
近所に露店もある天然温泉の銭湯があるのですが、朝6時からえいぎょうしているので、初めて朝風呂というものに入ってみました。
というのも前日、あまりに食べすぎ、胃がもたれて、しかも結構なお酒の量をいただいたので、朝起きたら顔がパンパンに腫れ上がっていました。
これはやばい、と思い、思い切って銭湯に行く決意をしました。
熱めのお風呂にしばらく浸かって、ストレッチでもすれば、なんとかなるに違いないと思ったからです。
実際やってみると、パンパンだった顔が気持ちシュッとなり、身体もポカポカと温まって、気持ちが良かったです。
その日は休みだったので、余計なことは一切考えず、ゆっくりと寛ぐことができました。
ただ一つ欠点を挙げるとすれば、眠いことです。
一日中眠気があって、ひどいときはウトウトとしてしまいます。
それでも体の不調はだいぶ良くなったので、これからも飲みすぎ食べすぎのときには、朝風呂を実行しようと思います。
朝ごはんは味噌汁一杯で、心配していた体重は増えることなく、逆に減って、嬉しかったです。

彼氏と行った遠野旅行

3年前の6月、3泊4日で岩手県の遠野へ旅行に行きました。
新幹線で遠野まで行き、遠野の駅周辺でレンタカーを借りて移動しました。
彼が民族学に興味があって遠野の風景や昔話が大好きな事から彼のリクエストで遠野に行きました。
彼は以前一度だけ遠野に行った事があるようでしたが、私は初めての遠野旅行でした。河童が有名で駅前の交番が河童をモチーフにしたデザインだったり、駅前の広場に河童のオブジェがあったり、色々な物語を感じられるような所でした。
遠野にはたくさんの神社があり、昔から地元の人々と神様が密接していた事が伺える場所もありました。
山に囲まれた場所なので、山菜やお蕎麦が美味しかったです。
レンタカーで3日間観光用の遠野マップに載っていた場所はほぼ回りました。
伝承園では遠野の昔話を遠野の方言で語ってくれる語り部さんから昔話を聞いたりして、ほんわかした気持ちになりました。
今は語り部さん達も高齢になってきて、遠野の方言で語れる方たちが少なくなってきているようで少し残念でした。
資料館で聞いたのですが、昔、遠野で大飢饉があったようで、子供を間引きしたりした事があったというのを聞いて驚いたのと同時に切ない気持ちになりました。
そういう時代に生きた人達は日々どんな暮らしをしていたのだろうと思いつつ、今は本当に恵まれてると改めて感じました。
遠野の空気はとてもきれいで、時間がゆっくり過ぎていくような素敵な所です。これからもあの風景は変わらずにずっとあのままでいてほしいと思っています。
地元の人たちに触れ、色々な話も聞けて、本当に楽しい旅行でした。機会があればまた行きたいと思います。

母と日帰り横浜観光

最近神奈川で一人暮らしを始めた私の家に、母が四国から遊びに来ました。週末を利用して来ていたので、あまり時間がなかった為、近くでどこか観光に行く事にしました。そこで、有名な横浜中華街とその近郊、赤レンガ倉庫や山下公園に行ってきました。
朝から出かけたにも関わらず、横浜スタジアムから山下公園への道は、週末で晴天だった為か、家族連れや観光客で溢れていました。
公園には花が咲き乱れ、絶好の写真ポイントがいくつもありました。特に山下公園はバラ園や小さいですが噴水もあり、ピクニックしたくなるような公園でした。
赤レンガは以前、函館のに行った事がありますが、それより小規模でしたが、オシャレなお土産が沢山売っていて、見てるだけでも楽しめました。
中華街でランチセット、エビチリと麻婆豆腐を食べました。お腹がすいていたので店を選ぶ余裕はありませんでしたが、レストランは数えきれない程ありました。肉まん等、食べ歩きできる物も沢山売っていたので、それをランチ代わりにしてもいいなと思いました。
中国のスパイスを売ってる店もあり、興味を惹かれました。中国系の物だけじゃなく、エスニック雑貨の店もありました。
この辺り一帯は、半日程で十分見てまわれます。公園等、休める場所も多いので、子連れや体力のない人にもお勧めです。
たった半日の観光でしたが、初めての横浜だった母もとても喜んでくれました。

蓼科へ家族旅行

長野県蓼科へ夏に家族旅行へ行きました。軽井沢とはまた違う雰囲気があり、ビーナスラインなどのドライブや八ヶ岳などを眺めながら美しい自然を満喫したくて行きました。車での移動がほとんどで、森林の中にドライブしている時に、かわいい野生の鹿が道路を横切ったのを見た時は、驚きました。ホテルでは温泉に入って、露店風呂から美しい自然を眺めながらゆったりとくつろぎました。長門牧場に立ち寄ってみると、とても広い牧場で景色がとても良く、自家製のチーズやアイススクリーム、ヨーグルトなどを作って売っていました。私たちは、人気のソフトクリームを食べましたが、とてもミルキーでフレッシュで濃厚で美味しかったです。蓼科は、道の駅がいくつかあって、朝採れの新鮮野菜の直売もやっていて種類も量も豊富にあり、安くてたっぷり入っていて嬉しくなり、お土産に自分の家用と、友人用にたくさん買いました。家に帰ってから新鮮な野菜の美味しい料理を満喫しました。友人たちにもとても喜ばれて、新鮮野菜のお土産も良いなぁと思いました。蓼科は、初めて訪れましたが、大自然や山が本当に美しく、空気もとても綺麗で地元の野菜や食べ物がとても美味しかったです。とてもリフレッシュできた良い旅でした。

鳥取にいった思い出

鳥取にスノーボードをしにいきました。場所は、大山(ダイセン)です。友達の車に同乗していきました。未経験のものも一人いましたが、道具はそろっていました。大山はそこそこ高い山ですが、スノーボードの場所は長野などとくらべるとそれほどたいしたことはないと思いました。といっても、初心者と初心者に毛がはえた程度の人間ばかりでいったので問題はありませんでした。初心者の友達は、転倒してもお尻がいたくないようなクッション付きスパッツのようなものををつけてスノーボードをしていました。クッションは本来スノーボードウェアの中につけるものだったのですが、そのことを知らず、ウェアの上からつけていました。お尻がボコッとでたスパッツみたいなのを履いていて、たとえるなら東野と今田のコントやワッキーのキャラで出てきそうな恰好でした。面白いので本人にはおかしいことを伝えずそのまま滑ってもらうようにしました。もう一人の友達と裏で腹抱えて笑っていました。そのうちあまりにも恰好がおかしいので、本人の前で吹き出してしまって、恰好がおかしいことがばれてしまいました。怒りながら、着替えていたことを思い出します。スノーボード滑った後は、みんなで温泉に入ってかえりました。

節約しながら高栄養

給料日まであと数日…。そんなときに一番切り詰めていくのが食費です。
給料日前の私は現在節約真っ只中なのでもリアルもやし生活が続いています(笑)
もやしは一袋30円から40円と安く、ボリュームもあるので節約にはぴったりで、
調理方法も、炒める、蒸す、茹でる、と多様にあるので飽きがきません。
時間がある時にもやしについて調べると、低カロリーなのはもちろん、
たくさんの栄養があることも分かりました。
しかし、茹ですぎたり炒めすぎたりするとその栄養が失われてしまうらしく、
今までの自分の調理法方を見直した時に、それをやっていたのでせっかくの栄養が
摂取できてなかったと思うと残念で仕方ありませんでした。
この話を会社の同期に話すと、その同期は、同じ野菜でも水菜を食べているとのことでした。
そこでもやし同様水菜についても調べてみると、こちらも低カロリー高栄養だったのです。
節約する中でも、お手軽に栄養は摂っていきたいものです。
値段も一袋120円ほどで、調理方法で栄養を逃すことも少ないらしいので、
私の給料日前の生活が、水菜生活に変わることもそう遠くなさそうです。

超インドア夫婦ですが、最近はアウトドア派でお金を使わなくなりました

今日は、隣の市に用事があって、夫と1時間半のドライブでした。隣の市はラーメンが有名で行きたいラーメン屋があったのですが、今回はというか毎回行けません。というのも、どのドライブも愛犬が一緒だから。インドア夫婦で、運動大嫌い、買い物やグルメ好き、美術館やファッションが好き、クラッシックやオペラが好きでした。以前はというか今でも。でも、3年前からワンコを飼い始めて、そんなインドア趣味とは無縁に。「どこでも一緒に行きたい!」「走るのが大好き!」という牧羊犬を飼ってしまったから大変。毎日の散歩だけでは足りず、週末は山や河川敷で一緒に走ったり、時には海で釣りもします。今日のドライブも、もちろん途中で河川敷に寄って、愛犬と一緒に走りました。インドア派の時は、お金をジャブジャブ使っていましたが、現在は全く使っていません。愛犬の笑顔が見られて、飼い主のメタボ対策、節約効果など実は良いことばかりなんですよね。

30歳を超えたら男性から相手にされなくなる

30歳を超えて感じることを書いていこうかと思っています。まず20代の時は、周りから寄ってきてくれましたが、30代になると、そんな機会がぐっと減りましたね。男は、やっぱり、若い子が好きなのでしょうか?しかも、もし30代まで一度も誰とも付き合った事のない女性だと、余計に異性と付き合うのが怖くなりますよね。相手方は今まで誰とも付き合ったことがないって、どこが悪いのじゃないのかな?とか思ってしまうかもしれません。そして本人は、まだ誰ともキスもしたことないなんて言えない。言わなくてもいいのだと思うけど、そんなこと恥ずかしくて。。と思ってしまい、なかなか異性と付き合うのって難しくなりますよね。20代の時のように、若さを武器にしていくこともできないし、大人の女性を演じることもできない。本当どうしたらいいのか分からなくなりますよね。恋人ができないなら、仕事に打ち込もうとして、仕事のキャリアばかり上がっていき、余計に恋人ができにくくなりますよね。また、周りの友達で、合コン好きな子とかがいれば話は別ですけど、誰からも紹介などされないと、恋人と言う存在がどんどん遠くなってしまいますよね。ここは、いっそう開きなおって、あー、誰か紹介してくれないかな?と大きく言った方がいいかもしれませんし、ネットの出会いサイトを使って素敵な出会いを探すのもいいのかもと思ったりもします。

スポーツクラブのイベントが楽しい

私が通っているスポーツクラブでは、季節ごとにいろいろなイベントをしてくれるんですけれど、これがとても楽しいんですよ。夏のお気に入りは、かき氷のサービスです。インストラクターの方と受付の方が浴衣を着て、縁日みたいにかき氷の出店をオープンしてくださるんです。いつもスポーツウエアや水着姿しか見ていないのですが、結構可愛いんですよね、浴衣姿が。シロップもいろいろ用意してくださって、会員はもちろん無料で楽しめます。この冬は、お汁粉のふるまいがありました。スポーツクラブに行って甘いお汁粉っていうのも、今消費したカロリーをすぐ補充するようでどうなのかなって疑問は置いておきまして、これも楽しいイベントです。お汁粉の中は、さすがにおもちではなくって、たぶんあれは白玉団子なんでしょうかね。でも疲れた体に、しみる美味しさなんですよ。それで、この間、どんなイベントが良いですかというアンケートがあったので、おでんと書いたんですけど、これが受付の人にばれて、大爆笑だったんですよね。おでんは、コンビニで買ってくださいとか、お酒はつきませんよとか冗談を言われて。でも、こんな感じの気さくな関係がとても気に入っています。おでん、いいかとおもったんですけれど。