ここに来て雨ばかり

明日、子供の入学式があります。二人目なので初めての事ではなく、勝手がわかっているのでそこまで緊張はしていません。ですが、気になるのがお天気のことです。幼稚園の卒園式の時はポカポカ天気で過ごしやすく、式の後に外でたくさん写真を撮れて満足したのですが、明日はどうも雨っぽいのです。
春休み前半はほとんど晴れていたのですが、後半になると雨が続いています。天気予報もよく変わるので毎日チェックしていました。ところが、入学式のある日はずっと雨マーク。5日ほど前の週間天気予報では降水確率60%程度でしたが、明日は90%となっています。入学式は体育館で行われるので問題はないのですが、小学校の駐車場が校庭なのです。校庭だと土でドロドロになり、靴が汚れてしまいます。上の子の学校の授業参観時に何度も雨でぬかるんでひどい思いをしてきたので明日の雨はとても憂鬱です。かといって歩いていくのも気が引けます。どうか明日の午前中だけ晴れますように。

来年のプレーに期待

アメリカで行われていたマスターズゴルフが終了しました。日本から出場していた松山英樹選手は11位タイという結果で、12位までに与えられる来年のマスターズ出場権を獲得しました。初日は54位と出遅れましたが、2日目に16位まで順位を上げて予選突破しました。ですが、3日目にまた28位と沈みましたが、最終日に見事なプレーで11位タイまで順位を上げました。4日間通していいスコアを残すというのはゴルフって本当に難しい競技だなと感じました。
世界ランキング4位で臨んだ今大会で2015年の5位、2016年の7位に比べると少し順位を落としましたが調子も良くないという中で最終日に見事な追い上げを見せてくれました。最終日は執念や意地のようなものを感じられました。今年2月にPGAツアーで4勝目をあげてどんどん強くなっていっていますし、日本人とは思えない体格で世界のトップ選手と互角に戦っている姿は素晴らしいなと思いました。来年はもう一回り大きくなってマスターズに戻って来てくれると期待しています。

パン屋さんではあまり見かけない、うぐいすあんぱん

製菓製パン材料専門店で季節限定のあんこが販売されます。
春だと桜あん、うぐいすあんの販売があるのですが、そういえばうぐいすあんぱんってあまりパン屋さんでも見かけないなと思うのです。
春限定ということになってしまうから、ということもあるのかもしれません。
うぐいす豆をたくさん入れた、うぐいす豆パンはうぐいす豆の甘納豆を購入することが出来れば、いつでも作ることが出来ます。
しかし、うぐいすあんともなると、季節が限られてしまいます。

季節限定だから、ということももしかしたらパン屋さんであまり見かけない原因の1つなのかもしれません。

自分で作るにしても、季節限定で販売されているうぐいすあんを購入することができなければ、作ることができません。
色々食べ比べてみたところ、一番美味しいと感じる製菓製パン材料専門店のうぐいすあんを使って作るのですが、人気があるために中々購入をすることが出来ない、という問題もあります。
購入出来た時に作ると普通のあんぱん作りより達成感があります。

偶然なのか必然なのか。ついつい追いかけてしまう役者さん

ドラマスペシャルの『警部補・碓氷弘一~殺しのエチュード~』を観ました。
ユースケさんが出演されるということと、相武紗季ちゃんが好きなので見てみようと思ったのがきっかけでした。
ユースケさんって俳優になると全然違う人になりますよね。
普段はウソなのかホントなのか分からないような適当な発言が多い人なのに、
役者となるとそんな人とは微塵も感じさせないのが不思議というか。
それがまた魅力的であり引き込まれてしまうのかもしれませんね。
「魅力的」という点で私が注目している役者さんがもう一人、このドラマに出演されていたのですが、
それは滝藤賢一さんです。
私がたまたま視聴しているドラマに大抵は出演されていて、見ると「あれ?このドラマにも出てる…」と思うことが多々あります。
それだけ今、いろんなドラマに出演されているのが分かります。
私が滝藤さんを注目し出したのは、小栗旬くんと生田斗真くんが出演したドラマ『ウロボロス』からです。
すごくクセの強い役柄で、身内にいたらあまり関わりたくないタイプの刑事を演じていました。
初めて見た印象は、嫌な性格を印象づけるのが上手い役者さんだなと思いました。そして一度見たら印象が強いから忘れないんですよね。
今回の『警部補・碓氷弘一』でも嫌味を吐く刑事役でした。
でもその演技はこの人だから作り出せる雰囲気とかがあるなぁと、感心して見ている自分がいました。
性格が少しねじ曲がってる役なんだけど、なんかそこが人間らしいというか味があるというか。ついつい気になって見てしまうんです。
4月17日から月9ドラマ『貴族探偵』が始まりますが、このドラマにも滝藤さんが出演されます。
またしても私が見ようと思っていたドラマにです!これは偶然なのか必然なのか。
とにかく次はどんな役柄が見れるのか楽しみでしょうがないです。
滝藤さんを知らない方もこのドラマをきっかけに知ってもらえたら個人的には嬉しいです。

今回のコナン映画は秋の京都を舞台にしたラブストーリー

2017年4月15日から、名探偵コナン第21作目となる映画が公開されます。
今回の舞台は京都で、「競技かるた」がストーリーに大きく関わって来ます。
そして今回のメインは西の高校生探偵服部平次と幼なじみの遠山和葉、それから和葉のライバルとなる大岡紅葉の3名です。
数種類有る予告編を観た限りで今回の映画の見所だと思ったのは、平次と和葉の恋の行方です。
実は平次は和葉を和葉は平次を好きなのですが、まだお互いに気持ちを伝えられていません。
そんな中で平次の婚約者を自称する紅葉が現れるので、紅葉の出現を得て2人の距離がどこまで縮まるのかは気になるでしょう。
次に今まで遠山和葉以外の女性の名前を呼んだ事なんて無かった平次が、「紅葉」と呼び捨てにした事の意味や状況にも注目です。
あとは主人公のコナンと平次との息ピッタリなコンビネーションや、派手なバイクアクションもこの映画の見所に入るでしょう。
また前回大阪の2人がメインを張った「迷宮の十字路」には工藤新一が登場しましたが、今作にも出るのかも気になるポイントです。
殺人事件だけでなく友情や恋愛の様子も楽しみたい人は、是非とも新作の「から紅の恋歌」を観て欲しいですね。

今日から、ハンドマッサージをはじめました。

いきなり、冷やし中華のようなタイトルを書いてしまいました。
というのも、最近、手が再び荒れてきましたので、再びハンドマッサージをはじめましたのです。
女性の方なら、きっと皆さんご存知であろう、オレンジ色のフタ、うすいオレンジ色の本体である、あのハンドクリームを使うことにしました。
指の一部裂けてしまったところは、急いで治したいので、病院で以前いただいた手の薬をつけることにしました。
いわゆる主婦湿疹です。主婦湿疹は裂けて痛いので、皆さんご注意してください。なお、主婦の方でなくても、洗い物をしている人は湿疹はできる可能性があります。
あとの部分は、「ちょっと荒れた」レベルでしたので、ハンドクリームを手にすりこむことにしました。
すりこんでいくと、薬のようなにおいがして、いかにも効いてくるような気がします。
普段、手をマッサージすることは少ないのですが、時間をとってマッサージしていると、気持ちまで落ち着いてきます。
どのハンドクリームでも同じように効果があると思いますが、手や指にクリームをつけ、すりこみ、マッサージしていくと、手の荒れも防げて、今日頑張った手指をいたわることになります。
血行促進も合わせて、手もマッサージすると丁度良いと思います。