お粥を香港風にして、毎朝楽しんでいます。寒い日にお勧めです。

寒い時期は、朝御飯にお粥を用意することが多いですね。香港で食べたお粥がとても美味しかったので、あれをめざしているんですけれど、なかなか同じ味にはならないです。おそらくお米が違うんでしょうね。それに私は炊飯器で炊いてしまうので、やっぱりぽってっとした感じになってしまうんですよ。もっとさらさらしていますでしょう、香港のお粥は。寸胴でたっぷり作っているのを見ると、とろけたスープみたいですよね。炊飯器でもできるだけ水の量を多くしてトライしています。あと、塩気を強くすると本場の味に近づくかもしれませんが、相当お塩を入れないといけなさそうですし。そこで、付け合わせを工夫しています。ザーサイ、メンマは当然用意しますが、お気に入りはピータンです。ピータンも毎日食べると、コレステロールが大丈夫かなと心配になりますので、週に1回までに抑えています。朝、お粥だけだど子どもたちは昼までは持たないみたいなので、おかずはしっかり食べさせますが、大人はお粥だけのほうがさっぱり頂けるし、調子も良いみたいです。